緑内障の治療に迫る!【眼科専門医であることがポイント】

MENU

気をつける点

女性

目の前にチラチラと、ゴミや糸くずのような黒い浮遊物が現れることがあります。これが飛蚊症ですが、飛蚊症には特に問題ない場合と、網膜剥離など、病気の場合が考えられます。急に増えた場合は、早めに医師の診察を受けることをオススメします。

詳しく見る

最も身近な目の病気

女性

緑内障は本人が気づかないうちに発症していることがあり、手遅れになると失明する病気です。歳をとるにつれて発症する人が増えるので、40歳過ぎたら早めに眼科医で眼圧チェックを受けて異常があれば点眼液治療を受けることが肝要です。

詳しく見る

専門の病院で治療しよう

目

見極めるポイントとは

緑内障は目の病気で高齢者に発症する人が多い病気です。緑内障の治療をするためには、専門の病院を受診する必要があり、信頼出来る病院を自分で探すのは大変です。インターネットで緑内障の名医を検索して、病院を探すのは一つの手ですが、良い病院を見極めるポイントを知っておくことも大切です。まず、基本的なこととして、眼科専門医であることがポイントです。眼科専門医は日本眼科学会が認定しているものでこれを得るには高いハードルが課されています。しかも眼科専門医の資格は一度取ればずっと持てるものではなく、更新が必要な資格です。5年ごとに資格更新のための教育を受けて、単位を取得する必要があります。そのため、眼科専門医の認定を受けている医師は常に新しいことを勉強している人たちで、緑内障の最新の研究などにも精通していることが多いです。次に、実際に病院に行ってから確認すべきポイントとして、しっかりとした説明を行っているのかを確認してください。緑内障の症状を伝えて、緑内障とはどういう病気で、治療法としてこういう方法があるなどと時間を掛けて丁寧に説明してくれる医師は信頼出来ます。問診などもちゃんとしていない医師もいますので、一人ひとりに時間を掛けて対応する医師がオススメできます。また、分からないことを質問したときにもすぐに説明出来るような緑内障の深い知識があるのかも確認したいポイントです。そして、緑内障の詳しい検査をするための設備があるのかも大切なポイントです。隅角検査など詳しい検査を受けるために専門の機械があって、入院もできるような設備があれば安心です。

眼病の種類

目

飛蚊症は網膜はく離が起きている可能性がある症状の1つです。もちろん網膜はく離だけではなく、他にも考えることが出来る原因はあるので、飛蚊症蚊も知れないと感じたら出来るだけ早期に医療機関を受診して原因を特定することが必要です。

詳しく見る

発症のメカニズム

ウーマン

緑内障は自覚症状がないままに進行します。40歳を過ぎたらリスクがあると認識し、定期的健診で早期発見に努めましょう。また、眼球を押すことでも眼圧が高まります。疲れ目などで目を押すクセがある方はご注意ください。

詳しく見る

視界に異変が出たら検査を

眼球

目で物を見るときに、視界に黒い蚊のようなものが見えてしまう症状の事を飛蚊症と呼びます。原因は様々で、硝子体が濁ってしまい黒いものが視界に映る場合や網膜剥離による場合などです。自分で原因を判断するのは難しく、眼科での検査が必要になります。

詳しく見る

Copyright© 2018 緑内障の治療に迫る!【眼科専門医であることがポイント】 All Rights Reserved.