緑内障の治療に迫る!【眼科専門医であることがポイント】

MENU

発症のメカニズム

ウーマン

軽度のうちに対策しよう

緑内障という病気はご存知でしょうか。失明する病気らしいけど、あまり自分には関係ないとお考えではありませんか。でも実は、日本人における視覚障害疾患の第一位となっており、自覚症状のない方を含めると40代以上の20人に1人が罹患していると推定されています。自覚症状のほとんどないまま進行する病気ですので、早期の発見と治療が大切です。緑内障は、眼球の圧力、つまり眼圧が高まることにより発症します。眼球内部には、房水と言われる液体で満たされており、一定の圧力で循環しています。房水は一定の圧量を維持することによって眼球の形を保ちつつ、目に必要な栄養を運び、不要になった房水はシュレム管へ排出されます。この排出がうまくいかずに眼球内に房水がどんどん溜まった結果、眼圧が高まって視神経を圧迫することで視覚異常が現れます。緑内障の症状では、じわじわと視覚野が欠けていきます。非常にゆっくりと進行し、殆どのお場合どちらか1つの目に症状が現れ、両目で発症することは稀です。片方の目に見えない部分があったとしても、もう片方の目で見えていれば脳内で補完できてしまうため、かなり進行するまで自覚症状はありません。気づいたときには多くの視覚野が失われ、最悪の場合失明ということにもなりかねません。緑内障の治療では、軽度の場合は目薬で眼圧を下げる処置がとられます。点眼でも眼圧が十分に下がらない場合は、レーザーや手術によって房水の流れを改善する外科的処置がとられます。白内障手術のように、日帰りで行なえるものになっています。

Copyright© 2018 緑内障の治療に迫る!【眼科専門医であることがポイント】 All Rights Reserved.