緑内障の治療に迫る!【眼科専門医であることがポイント】

MENU

最も身近な目の病気

女性

根気強く治療を続ける必要

最近行われた全国規模の疫学的調査によると40歳以上の人が失明していなくても5%が緑内障を罹っていると報告されているので緑内障は身近な病気だといえます。歳をとるにつれて緑内障を発症する元といわれる眼圧の上昇する人が増えていくと報告されています。従って、今後、高齢者が益々増加していく社会と予測されていますから患者数の増加が懸念されるわけです。元々、眼圧が高くなり視神経が圧迫されてくると徐々に視野が狭くなったり、ものがハッキリ見えなくなったりする症状を呈してくるようです。初期症状の時には発症に気づかない人が多いので、視力の低下を疑って眼鏡屋へ行って眼鏡をかけたり、コンタクトレンズを入れるかを考えてしまったりするわけです。このため、本人が気づかないうちに症状が進行し、視神経が失われてしまうことになるわけです。いったんこうした症状になり、失明すると元へ戻ることがないので、失明しないうちに症状の進行を遅らす措置が行われるくらいだけです。そのため、緑内障の予防のためには中年になり視力が落ちてきたら眼鏡やコンタクトレンズを考える前に眼科医へ出向いて眼圧を調べてもらう方が先決です。眼圧の高いことが分かれば緑内障の初期症状の段階で眼圧を落とすための目薬で治療することが基本的な方法になっています。点眼液治療が上手くいかない場合はレーザー治療や手術で眼圧を下げる措置により進行を遅らせる治療が行われます。緑内障を発症すると点眼液治療を一生続けることになるので、途中でやめてしまう人も少なくありません。また、点眼液を数種類使うため、10万〜20万円の手術代がかかり、長期間の治療になるわけですから治療費もかさばりますが、失明しないように続けることが肝要です。

Copyright© 2018 緑内障の治療に迫る!【眼科専門医であることがポイント】 All Rights Reserved.