緑内障の治療に迫る!【眼科専門医であることがポイント】

MENU

視界に異変が出たら検査を

眼球

黒いものが視界に現れる

年齢を重ねると、目に不調を感じる方が増える傾向にあり、視界に黒い蚊のようなものが見えるようになる飛蚊症もそのひとつです。飛蚊症の原因は場合によって異なりますが、硝子体と呼ばれる部分が濁ると黒いものが視界に映るようになる事が原因である事が多く、老化現象とされています。眼科で検査を受けて飛蚊症と判断される場合であっても、対処方法としては普段から目の健康に良いとされるルテインを含んだ食事を摂取するなどが一般的です。基本的に老化が原因となって飛蚊症になる場合は、手術などは行わずに目を疲れさせないようにする事を勧めています。万が一、網膜剥離などの病気が原因である場合は、早急に治療が必要となるので飛蚊症が気になるようになったら眼科で症状を伝えて検査を行う事が大切です。疲れや老化による飛蚊症を完治させるための治療方法は確立されていませんが、別の病気の影響で症状が出ている場合もあるので自己判断せずに、眼科に行くのが賢明であると言えます。日頃の疲れや老化によって飛蚊症の症状を発症している場合を生理的飛蚊症と呼び、大半は治療を行わなくても良い症状です。最近では、スマホの画面を長時間にわたり見る方が増えているため、目の疲れとともに飛蚊症の症状が出る方も多くなっています。生理的飛蚊症の場合は気にする必要のない症状であっても、視力が低下しているサインであると考えられるので、目の疲れを蓄積しないように適度に休む事がオススメです。

Copyright© 2018 緑内障の治療に迫る!【眼科専門医であることがポイント】 All Rights Reserved.