緑内障の治療に迫る!【眼科専門医であることがポイント】

MENU

眼病の種類

目

様々な眼病

目の病気には色々なものがあります。異変を察したら出来るだけ早めに医療機関を受診したほうがよいでしょう。場合によっては早期に治療を開始することにより、完治をさせることが出来る場合もあります。視力の低下だけではなく、飛蚊症に罹患をする可能性もあるでしょう。飛蚊症は視界の中に実際にはない黒い虫のようなものが見えてしまう疾患です。この疾患は年齢も関係なく発症します。老眼などはある程度年齢を重ねないと発症をすることがありませんが、飛蚊症の場合には特に20代の患者が多いと言われています。直接的に目が見えなくなったり、視界不良になったりするというわけではありませんが、目の前に蚊が飛んでいるような黒い点が見えてしまうのは、不愉快に感じてしまいますし、ストレスの原因になることもあります。飛蚊症の原因として考えられているのは目の構造の問題と加齢、網膜はく離があります。網膜はく離の症状として飛蚊症が発生することがあるので、中々直らない場合には網膜はく離を疑ったほうがよいでしょう。網膜はく離の場合、適切な治療を受けることによって改善をするので、早めに信頼をすることが出来る眼科医を探すことが必要です。また中には先天的に飛蚊症を持って産まれてくる子どももいます。先天的ということもあるので、完治をすることが難しい場合が多いです。しかし病気と付き合うためのコツはあるので、早期に対応策を考えてみることも必要です。新生児の健診で見つかることも多いです。

Copyright© 2018 緑内障の治療に迫る!【眼科専門医であることがポイント】 All Rights Reserved.